×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

アンパンマンミュージアム 感想〜5情報!

アンパンマンミュージアム 感想〜5

カテゴリー :感想

 横浜のアンパンマンミュージアムは、横浜市西区に位置するアンパンマンの参加型ミュージアムとショッピングモールの複合施設です。アンパンマンミュージアムエリアは入館料が必要ですが、ショッピングモールエリアは無料で入場できます。アンパンマンミュージアムに出かけたお母さんたちの感想を何点かあげてみました。この感想から、行く時の計画も立てられると思います。

アンパンマン広場の時計台で、アンパンマンが登場する時間(1日3〜4回、20〜30分程度)には握手ができます。アンパンマンミュージアム入口の巨大なアンパンマンにまず驚きながら、入館券を買ってお土産をもらったら、森のゲートをくぐって3階へ案内されます。併設の「やなせたかし劇場」のプログラムに参加するなら時間を見ておいた方が良いというお母さん達の感想が多いです。出口前のアンパンマンミュージアムショップのチェックも忘れずにしましょう。

3階の扉が開くと大人も思わず「うわーっ」と声を上げてしまうほど、アンパンマンと仲間たちが大集合しています。「なかよしタウン」では、夢中で楽しむわが子をデジタルカメラに収めようと必死になってしまう親(家族)がほとんどです。いっぱい遊んでお腹が空いたら、アンパンマンミュージアムを出るとお店がたくさんです。アンパンマン広場は天井がない中庭で、天気がよければベンチで食事もできます。「ふっくらごはん工場」では、無添加の具だくさんスープやサクサクコロッケなどがあります。

コラム > アンパンマンミュージアム 感想〜5について書かれています。

アンパンマンミュージアム 混雑〜1

カテゴリー :混雑

 横浜のアンパンマンミュージアム2007年4月20日にオープンした『それいけ!アンパンマン』をテーマにした首都圏初の複合施設です。参加・体験型のミュージアム・エリアは、子どもたちが体を動かしてアンパンマンの世界でおもいっきり遊べます。

21店舗のショッピングモール・エリアは、キャラクターにちなんだ食品やグッズ、サービスが満載の商店街です。たくさんの笑顔がはじけ、訪れた人みんなが楽しくなる仕掛けがいっぱいです。アンパンマン広場ではダンスやコンサートなどさまざまなイベントも開催しています。アンパンマンミュージアム・エリアの混雑状況もあわせてHPをチェックして出かけた方が良いです。

横浜のアンパンマンミュージアムは、オープン時は、ちびっ子連れに大人気で平日でも入場制限、行列、混雑は当たり前だということだったようです。混雑の状況は、事前にチェックしておいた方がいいようです。それほど、混雑することも無い日もあるようです。

アンパンマンミュージアム内の3階「はっけんジオラマ」は、子どもの目線の高さに小さな窓がたくさんあって、次々のぞかずにはいられなくなる楽しいコーナーです。平日昼間でも入園前の子どもたちは多いです。興奮して制御不能な子どもたちがたくさんで混雑します。

コラム > アンパンマンミュージアム 混雑〜1について書かれています。

アンパンマンミュージアム 混雑〜2

カテゴリー :混雑

 横浜のアンパンマンミュージアムは、たくさんの笑顔がはじけ、訪れた人みんなが楽しくなる仕掛けがいっぱいです。参加・体験型のアンパンマンミュージアム・エリアは、子どもたちが体を動かしてアンパンマンの世界でおもいっきり遊べます。

21店舗のショッピングモール・エリアは、キャラクターにちなんだ食品やグッズ、サービスが満載の商店街です。。アンパンマン広場ではダンスやコンサートなどさまざまなイベントも開催しています。ミュージアム・エリアの混雑状況もあわせてHPをチェックして出かけたほうがいいようです。

アンパンマンミュージアム「たいけんジオラマ」は混雑し、行列ができていることもあります。それは「アンパンマンごう」に乗車するためです。しかし並んでも小さい子供達は、じっと待てるわけもなく、並ぶのが大変です。乗車時間は1分少々です。

2階「ふれあいタウン」のなかでも「キッズルーム」は乳幼児にちょうどよい遊び場です。アンパンマンの歌と映像にあわせて、スタッフのおねえさんと一緒に踊れます。ほかに靴を脱いで遊べるスペースには小さなすべり台や乳児好みのおもちゃなどもあります。近くに「ベビールーム」もあるから何かと安心です。高知県にある「アンパンマンミュージアム」の紹介では、やなせたかし先生の描いた大きな絵も見られます。

コラム > アンパンマンミュージアム 混雑〜2について書かれています。